nekosotomiru1027_TP_V

Q1. 我が家は5匹で大型のトイレ1つを共用しています。特に問題なく全員使えているので、このままで大丈夫?

→我慢して使っている可能性も。数を増やしたほうが猫にとってはきっと快適!


猫たちが“問題なく”トイレを使っているように見えても、もしかしたら“我慢して”使っているかもしれません。1つのトイレを常にきれいな状態にするためには、かなりこまめに掃除をする必要があります。5匹で共用していればトイレは5倍汚れます。通常は月1回くらい猫砂を全部取り替えることをおすすめしていますが、5匹共用なら週1回くらいのペースで取り替えてほしいところです。

猫トイレの理想的な数は、「頭数+1個」と言われています。頭数が増えれば理想通りにはいかないものですが、1つだけだと今は問題なくてもこの先、膀胱炎など健康上のトラブルが起こる可能性がないとは言えません。トラブル予防と猫の快適さにも配慮して、数を増やすことを検討してみてはいかがでしょうか。Q&A_1修正

多頭飼育の場合は、必ずいくつかの仲良しグループの派閥ができているもの。頭数+1個以上が難しければ、せめて派閥の数+1個以上用意してあげたいところです。


Q2. 猫トイレの理想的な置き場はどこですか?複数の問いレオを置く場合は並べて置く?それとも離れて置いたほうがいいですか?

ルールはないのでケースバイケース。部屋のスペースや猫の様子で判断を。
  

猫が落ち着いて排泄できるように、廊下やドアの近くなど人の出入りが多い場所は避けましょう。健康管理のためには人の目が届くリビングの片隅などがおすすめです。複数のトイレを置くときは、並べて置く、同じ部屋に離して置く、部屋を分けて置くなどのパターンがありますが、こうしなければいけないというルールはありません。

多頭飼育で猫同士の相性が悪い場合は、離して置くほうがジャマされずに落ち着いて排泄できるかもしれません。置き場所もいろいろ試して、気に入る場所を猫自身に選んでもらうのがよいでしょう。


≪お話を伺った先生≫

東京猫医療センター院長 服部 幸先生

catdoc_服部先生
服部先生

2003 年北里大学獣医学部卒業。動物病院勤務後、2005 年より SyuSyu CAT Clinic 院長。2006年、アメリカのテキサス州にある猫専門病院「Alamo Feline Health Center」にて研修プログラム修了。2012 年「東京猫医療センター」を開院し、2013 年には国際猫医学会よりアジアで2件目となる「キャットフレンドリークリニック」のゴールドレベルに認定された。著書に『ネコにウケる飼い方』(ワニブックス PLUS 新書)、『猫の寿命をあと 2 年のばすために』(トランスワールドジャパン)、監修に『ネコの看取りガイド』(エクスナレッジ)ほか。